たりぽすメインビジュアル2作目5月25日変更

たりぽすブログ

  • Takenori

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

googleが広告枠を廃止するというビッグニュースが頭の中を駆け回ってることについて

Takenori

takenori_blog_eyecatch_1

googleの広告枠をいかに活用するか、そういったことに時間を費やしていた数年前を懐かしく思う今日この頃。

それがもう、味わえなくなる…?

Google、ウェブ検索結果右側の広告枠を廃止へ

Serch Engine Landが2016年の2月19日に発表した記事のタイトルは以下だ。

Google To Stop Showing Ads On Right Side Of Desktop Search Results Worldwide

簡単に訳すと、グーグルが検索結果右側の広告を廃止となる。

ちなみに以下がSerch Engine Landの記事ページリンク。

Confirmed: Google To Stop Showing Ads On Right Side Of Desktop Search Results Worldwide

googleの収益は広告が大部分を担っているのに、それでいいの?

と思いつつも、天下のgoogleなんだからそれに代わる新サービス的なものも即座に展開するんだろうという、7つのボールを集める冒険並のこのワクワク感。

そもそも、右側の広告枠を廃止するだけで、左側というかメインとなる表示部分の広告を廃止するわけではないから、そこまで影響ないのかな?

世界中の情報を即座に収集するgoogleは、やることも早い

なんと2月21日の時点で、既に広告枠が廃止されているではないか!

どんなキーワードで検索しても、少し前まではズラーっと表示されていた広告枠が全く表示されない!

これが何を意味するか、僕が考える答えは次の通りだ。

  • 画面がとっても見やすい!これは結構重要!
  • 自然検索では上位に表示されないからと言って、Adwords広告に費用をかけて広告を表示させることによりサイト流入を狙うサイト(見るメリットのない)を間違って見てしまうことが少なくなる
  • 流入はAdwords広告だけに頼っていたけど、上位に表示させるだけの費用面での余裕がなかったサイトなんかは泣きを見る
  • Adwords広告の代理出稿をメインとしている企業なんかは、受注量が減る
  • googleにとって、実は右側の広告枠はメリットよりデメリットの方が多かった?

ということ。

僕はwebアナリストではないから上記の答えは的を得ていないかもしれないけれど、今回のこのgoogleの施策の影響を多分に受けるサイトは結構多いだろう。

yahoo!JAPANの検索結果右側の広告枠はそのまま

googleが右側の広告枠を廃止したからといって、googleの検索エンジンを利用しているyahoo!JAPANも同様に廃止するのか?と思えば、そういうわけでもないようですね。

ただ、現段階ではyahoo!も右側広告枠を廃止していないだけで、今後どうするのかといったことについては、まだ名言していないようです。

右側の広告枠を廃止する狙いは?

若者のパソコン離れが進む一方で、タブレットやスマホの需給率は高くなる一方の昨今。

よく考えると(よく考えなくても)、パソコンで表示されていた右側の広告枠を、スマートフォンの画面で表示するのは、画面サイズ的にほぼ100%の無理があります。

それならば、まずはパソコンの右側広告枠を廃止すればいい、という単純ながらも大胆な判断を行ったんですかね。

スマホとパソコンの検索表示画面を統一したい

OK!グーグル!」が示すように、スマートフォンでの検索時の表示にもかなりの力を入れているgoogleだから、スマートフォンでの検索結果と同様のものを、パソコンでの検索結果に反映させたい、というのもgoogleの思いだろう。

スマホやタブレットで検索を行う人が多くなってきた、もっと言えばパソコンでの検索回数よりもモバイル端末での検索回数の方が多くなってきたのだから、モバイル端末での検索表示画面を標準としたいと考えるのも当然というわけです。

マイクロソフトやアメリカyahoo!はどう動く?

今回のgoogleの右側広告枠の廃止により、検索エンジンにおいてライバルとされるBingを要するマイクロソフトや、独自の検索エンジンを開発するアメリカのyahoo!なんかは、どういった動きに出るのでしょうか。

誰もが思うのは、「天下のgoogleの動きに追従する形をとる」というのが安全策ですし正解なのでしょう。

でも個人的には、「これを機にgoogleの検索エンジンを超える新サービスを叩き出す」くらいのテクノロジーブームを巻き起こす企業がふと現れるのではないか、という淡い期待を持っていたりもします。

ということで僕がやるべきことは、この記事やたりぽすがどの検索エンジンでも上位表示されるように、地道にブログを書き続けていく、ということですね!

Pocket

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク