たりぽすメインビジュアル2作目5月25日変更

たりぽすブログ

  • Takenori

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界で初めての実用的カメラ「ダゲレオタイプ」

Takenori

世界で初めての実用的カメラ「ダゲレオタイプ」

今日8月19日は、世界初の実用的カメラ「ダゲレオタイプ」が世に現れた日になります。

写真という媒体を扱わせてもらっている以上、今日という日にこの記事を書かない訳にはいかないなということで、久しぶりにブログを更新したいと思います。

ダゲレオタイプとは

ダゲレオタイプ(フランス語:daguerréotype)とは、ルイ・ジャック・マンデ・ダゲールにより発明され、1839年8月19日にフランス学士院で発表された世界初の実用的写真撮影法であり、湿板写真技法が確立するまでの間、最も普及した写真技法。銀メッキをした銅板などを感光材料として使うため、日本語では銀板写真とも呼ばれる。転じて、その技法を採用した世界最初の写真用カメラ「ジルー・ダゲレオタイプ」もダゲレオタイプと呼ばれる。

全くもって理解できませんが、世界で初の実用的撮影法ということなので、今日の写真技術というものの基礎中の基礎として、崇めるべき代物なんでしょう。

考えてみたら凄いですよね!シャッターを切るだけで目の前の光景が映像として残るんですから。今でさえ超微細な色表現が出来る撮影技術ですが、ほんの数十年前までは白黒で精一杯だった時代もあったんです。

それでも、例え白黒だとしても、当時の人たちにとっては正に奇跡の機械のように扱われていたであろうことが容易に想像できます。素晴らしい技術を開発してくれた「ルイ・ジャック・マンデ・ダゲール」さん、ありがとうございます。

世界で初めて

このダゲレオタイプに限らず、世界で初というのはどんなことでもスゴいですよね。

個人的にですが、「世界で1番」よりも、「世界で初めて」の方が魅力を感じます。僕も世界で初めて何かを成したことがある人材になれるよう、前進あるのみだと再認識するきっかけにもなりました。

全く今回の記事に関係はありませんが、自分が経験したい「世界で初めて」を残しておきたいと思います。

経験したい世界で初めてのこと

  • 世界で初めて、クジラのお腹の中で生活をする
  • 世界で初めて、動物と話すことが出来る
  • 世界で初めて、他の星の住人と意思を交わす
  • 世界で初めて、初恋は実らないというジンクスを破った男になる
  • 世界で初めて、生きている全ての人たちが目にしたいと思うブログ記事を書く
  • 世界で初めて、イルカにつかまって7つの海を制覇する
  • 世界で初めて、素数を最後まで数える

こいつバカだな」と思ったあなた!あなたは間違いなく正常ですよ!

Pocket

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク