たりぽすメインビジュアル2作目5月25日変更

たりぽすブログ

  • Takenori

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォトショで写真に色褪せたレトロ感を演出させる

Takenori

フォトショで写真に色褪せたレトロ感を演出させる

撮りためた写真の中には、何の使い道もない、何の面白味もない写真がたくさん眠ってたりする。

せっかく撮影したそんな写真達を、「現代の技術でどうにかして見れるようにできないかなぁ」、と思って色々と加工した過程を紹介するのが今回の記事。

使ったソフトはAdobeのPhotoShop、バージョンはCC。

昭和風に加工

昭和の終わり頃に生まれた人は、「昔」と言われる時代と「今時の若者」と言われる時代の、丁度境目くらいの時代背景を過ごしてきている、と勝手に考えている。

まだ1歳や2歳の頃に過ごしていた昭和末期の時代背景なんて、覚えているハズもないのになぜか懐かしさを感じてしまう。

ということで、その懐かしさを演出させるための演出を、以下の写真を使ってフォトショップで加工していきます。

なんの変哲もない線路のある風景

これはいつか撮影した、なんの変哲もない線路の風景写真です。この地域では、1時間に多くても6~7本の電車しか行き来していません。

そんな田舎な風景写真を、昭和風な写真へ加工する為のポイントは3つ

  • カラーバランスを崩す
  • ノイズを加える
  • 彩度を下げる

です。

たった3つの加工、時間にしておよそ3分とかからずに、昭和風な写真へ仕上げることが可能です。

ちなみに加工し終えたものがこちら。

昭和風な写真

加工前と加工後で、これだけ変わります。

それでは加工していきます。

カラーバランスを崩す

まずはカラーバランスを調整していきます。

イメージ>色調補正>カラーバランス」を選択して、「中間色・シャドウ・ハイライト」に適当な数値を設定していくだけ。

まずは下記のように、中間色にシアン、マゼンタ、ブルーを乗せます。

中間色にシアン、マゼンタ、ブルーを乗せる

中間色にシアン、マゼンタ、ブルーを乗せた写真

 

もっと色褪せた雰囲気にする為、シャドウにもシアン、マゼンタ、ブルーを乗せます。

シャドウにシアン、マゼンタ、ブルーを乗せる

シャドウにシアン、マゼンタ、ブルーを乗せた写真

 

レトロ感を演出するため、ハイライトにシアン、グリーン、イエローを乗せます。そうすることによりカラーバランスが崩れ、色褪せたかのような色合いに。

ハイライトにシアン、グリーン、イエローを乗せる

ハイライトにシアン、グリーン、イエローを乗せた写真

 

カラーバランスを崩すだけで、写真にここまで色褪せた演出を施すことが可能です。

もっとレトロな雰囲気を演出させるために、もう少しだけ加工していきましょう。

ノイズを加える

あえてノイズを加えることにより、ザラザラした質感の写真に仕上げることが狙いです。

でもその前に、ノイズがはっきりし過ぎないよう、写真そのものを明るくします。「イメージ>色調補正>レベル補正」を選択し、シャドウを暗く、中間色とハイライトを明るくします。

レベル補正でシャドウを暗く、中間色とハイライトを明るく

シャドウを暗く、中間色とハイライトを明るく

 

そしてノイズを加えることで、適度なザラザラ感を表現します。「フィルター>ノイズ>ノイズを加える」を選択し、ガウス分布にした後適当な数値を設定します。

ノイズを加える

ノイズを加えた写真

一気に昔のような写真になりました。

あと少しだけ簡単な加工を施し、より昭和らしいレトロな写真にしたいと思います。

 

彩度を下げる

写真の彩度を下げ色味を少し無くすことにより、どこか懐かしい雰囲気の写真にすることができます。

「イメージ>色調補正>色相・彩度」を選択し、彩度の数値を適当に下げます。下げ過ぎると、ほとんど色味がなくなってしまうので注意。

blog34-12

彩度を下げた写真

 

最後にぼかしをかけて、レトロ感を最大に表現します。

「フィルタ>ぼかし>ぼかし(ガウス)」を選択、だいたい1.5~3.0pixel辺りもかければ充分です。

ぼかしをかける

昭和風なレトロ感のある写真

完成です!

古い書物とかに載ってそうな写真ではないでしょうか?

よりレトロ感のあるモノクロ写真に加工

加工途中で、色相・彩度を下げ切ってしまうことで、完全なモノクロ写真にすることが出来ます。

レトロ感のあるモノクロ写真

そして更に白黒のメリハリをつける為に、レベル補正でコントラストを強くします。

「イメージ>色相・彩度>レベル補正」を選択し、シャドウを明るく、中間色とハイライトを暗くします。

レベル補正でシャドウを明るく、中間色とハイライトを暗く

レトロ感のあるモノクロ写真

ここまで来れば、もう完全に昔の写真のようです。線路の上を走っているのも、電車じゃなく機関車だった頃くらいの時代さながらではないでしょうか。

 

レトロとは

レトロ(Retro)とはretrospective(回顧)の略語。懐古趣味(かいこしゅみ)のこと。「徒に古い物を珍しがり懐かしむだけの単なるデカダンス」とも述べられる。

製品の場合のレトロとは現行技術で作られた見た目が古いものの事で、本当に古い骨董(アンティーク、ビンテージ)とは区別される。(自動車を例とすると、現行技術で作られたレトロの場合はパイクカー、本当に古い物は旧車、クラシックカー、ヒストリックカーなどと区別されて呼ばれる)

 

Pocket

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク