たりぽすメインビジュアル2作目5月25日変更

たりぽすブログ

  • Takenori

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

例えばたりぽすの写真を使って、こんなブログが書けたりします。

Takenori

takenori_blog_eyecatch_3

こんにちは、デザイナー兼フォトグラファーのたけのりです。

今日はこんなブログをお届けします。

名付けて、「実践!たりぽすの無料写真素材を使ってブログを書いてみた!」です。

シリーズ化を目論む

今回は記念すべき第1段です。

なんにでも、初めてってありますよね。

僕のブログを読んでくれている素敵なセンスがおありの皆さんなら既に経験済みだと思いますが、「カップ焼きそばの麺をお湯と一緒に流してしまう」という息をするが如く当たり前の出来事と、先ほど直面してしまいました。

こういうとき、初めてだったら次にどういう行動をすればいいのか戸惑いますよね。

でも僕は違います。こういうときにはどうすればいいのか、綿密にシミュレーションしてましたから。

今回であれば正解はこうです。「イチ…イチ…ゼロ…と。」だって困ったときに味方になってくれるハズでしょう?

本題はここから

前置きが長くなってしまいましたが、「実践!たりぽすの無料写真素材を使ってブログを書いてみた!」はここからがスタートです。

今回初めて書くテーマは、「現代のサラリーマン編」です。

出てくる写真は、全てたりぽすで扱っている写真なので皆さんにも同様の使い方をしてもらえます。

では、スタート


「勤続15年の俺は、真面目を絵に書いたようなサラリーマンだ!」

「毎日、かなり長い道のりを通勤している!」

「例えば下記の写真」

「天気のいい日はこんな絶景が見えたりするんだ!どうだい、素敵だろう!」

「この景色が見たいがために、家を出る時間をわざと遅らせることもあるんだ!」

「それくらい素敵さ!」

「冬にはこんな景色に出くわしたりもするんだ!」

「あいにく、俺が通う会社はこの森林の先にあるもんだから、冬は本当に大変でね!」

「噂では”迷いの森”なんて呼ぶ連中もいるとかいないとか。」

「運よく迷いの森を抜けられても、会社にたどり着く頃にはこんな時間だったりする。」

「おっと、アルマゲドンじゃなくて、”夕焼け小焼け”、だぜ?」

「太陽は何億度という超高温にも関わらず、小焼けなんて名付けた人は世間知らずだな。」

「夜は決まってここで、”ダンス・ナイト・フィーバー”さ!」

「非会員の君、どうしても入りたいってんなら、いつでも俺に声をかけてくれよな!」

「会員制じゃなくて誰でも入れるんだからさ!」

例えばこんな使い道

サラリーマンの皆さん、いかがでしょうか。

全員ではないでしょうが、あなたの日々で起こり得る日常を代筆してみました。

こんな日常を送っている」という方がおりましたら、ぜひ一緒にお仕事をしましょう。

お便り、待ってます。

Pocket

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク