たりぽすメインビジュアル2作目5月25日変更

たりぽすブログ

  • Takenori

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Notice: is_comments_popupの解消方法

Takenori

takenori_blog_eyecatch_23

まずは結論から。

本サイトの場合は、プラグイン「WP Social Bookmarking Light」を停止することで、「Notice: is_comments_popup の使用はバージョン 4.5 から非推奨になりました。代替は用意されておりません。 in/home/ホニャララ/tariposu.com/public_html/wp-includes/functions.php on line 3664」というエラー文を削除出来ました。

 

【WP Social Bookmarking Lightの停止方法】

ワードプレスの左メニュー>プラグイン>インストール済みプラグイン>WP Social Bookmarking Light

↑これの停止と記載されているところをクリックするだけ。

そして、

↑こういう風に表示されればOK。

そしてwebサイトを更新してみると、見事エラー文が表示されなくなりました。ホッ。

 

※あくまで本サイトの場合は、です。上記の旨を実行される方は必ず事前にバックアップを取るようにして下さい。またこの方法を実行され何らかの問題が発生しても、本サイトは関与致しません。

 

まぁしかし、プラグインを停止するということは、それまでそのプラグインを有効化していたおかげで機能していた部分を排除するということになります。

今回の場合はWP Social Bookmarking Lightのおかげでコンテンツ内に設置していた、各種SNSのボタンが非表示になる、ということですね。

あくまで停止しただけなので、WP Social Bookmarking Lightがワードプレスのバージョン4.5に対応するのを待つか、新たにSNSの各種ボタンを機能させることができるプラグインを導入すれば、解決できるかもしれません。

 

そしてもしかしたら、もっと別の解決方法があるかもしれないですしね。

ワードプレスを4.5にバージョンアップすると

そもそも今回の事の発端は、ワードプレスのバージョンを4.5へとバージョンアップしたことがきっかけ。それはエラー文を見てもわかる通り。

早速エラー文の最後に示されている「functions.php on line 3664」を見に行きササっと解決してやろう!かと思いきや…。

functions.phpの3664行目を見ても全く関係が無さそうな記述で、いきなりパニック状態。

 

エラー文に何かヒントがないかと思いよ~くみて見ると、「is_comments_popup」という少しでも解決に近づきそうなキーワードが。

で、早速「is_comments_popup」とはなんぞや?ということでこちらをググってみた。更にググってみた。もう一度ググってみた。だがしかし、それらしい解決方法が出てこない。それなら、ということで仕方なしに自分で解決方法を探ることに。

(ググった結果query.php内の記述に関することが幾つか出てきたのでしばらくの間色々と試してみたけど、直接的な解決には辿り付けず…)

ヒントはコンテンツ内でのエラー表示

今回はありがたい?ことに、ワードプレスのタグで言うところのメインコンテンツ部分である「<?php the_content(); ?>」の中でエラー分が表示されているということで、<?php the_content(); ?>に何らかの干渉をしている原因を探ってみた。

ワードプレスで何らかのエラーが表示された際の基本の1つに、「プラグインを疑う」という暗黙のルールみたいなのがありますが、それに沿って<?php the_content(); ?>に干渉しているプラグインを1つ1つ停止していくことに。

<?php the_content(); ?>に干渉するであろうプラグインは元々2つ3つしか入れてなかったので、原因であるWP Social Bookmarking Lightに割とすんなり辿り着きました。

WP Social Bookmarking LightをイジるのはNG?

WP Social Bookmarking Lightが原因だとわかったのなら、WP Social Bookmarking Lightそのもののファイルをイジって、今回のエラーの原因を解消してやろうとも考えました。

しかしながら、WP Social Bookmarking Lightのファイルを全て見てもチンプンカンプン。ここは大人しく制作者の方がアップデートしてくれるのを待つことに。

下手にイジって取返しのつかないことになるのは避けたいですからね。

表示されるエラー文について

今回のエラーは、サイトを運営する上で特別致命的なエラーというわけではありません。

「ページが表示されず真っ白」とか、「ワードプレスの編集画面がエラー文だらけで投稿すら出来ない」とか。そういう「一瞬目の前と頭の中が真っ白になってる」という状況を体験したエンジニアの方は多いでしょうが、今回はそこまでではありませんよね。

ページを見る人によっては特別気にしない方もいるでしょう。

 

でももし、「このサイトは何かのエラーがあるんだ」という風に思われてしまったとしたら。

そうなれば、二度と見てもらえることがなくなってしまうという、最悪の事態になってしまうかもしれません。

それだけは避けたいですよね。

原因となる行為を行わなければいいの?

引き起こされるエラーの原因は、今回のようにワードプレスのバージョンアップだけではなく、プラグインを更新することでもエラーに繋がってしまう、ということは多々あります。

言ってみればバージョンアップとは、より優れた機能とすることが出来る反面、なんらかの問題が発生してしまう諸刃の剣、となってしまうかもしれないのです。

 

それならばバージョンアップしなければいいんじゃないの?と思ってしまいがちですが、それがそういうわけにもいかず。

特にワードプレスのバージョンアップは、サイトの乗っ取りやサーバー攻撃といった心無い出来事から自身のサイトを守るためには、必ず行っておかないといけないことです。

ワードプレスのバージョンアップ=セキュリティ面の強化、と捉えてもいいくらいではないでしょうか。

 

またプラグインも同様です。

日進月歩で繰り広げられる、技術の進化による善行と悪行に対応するため、ワードプレスはバージョンアップされます。

そしてそれに対応するために、プラグインもバージョンアップされるのです。

 

もし仮に、今回のエラーの原因がWP Social Bookmarking Lightにあるとして、これがバージョンアップされなければ、これまで利用できていた便利な機能が永遠に使えなくなるということとイコールなのです。

それにとって代わるプラグインなり、自分でそれらしいプログラムを用意できるのであれば問題はないかもしれません。

しかし大多数の方がこのプラグインを利用しているというのも事実だと思うので、やはりこれまで通り利用できるよう、バージョンアップしてほしいと願って止みません。

 

※今回のエラーの原因がWP Social Bookmarking Lightにある、ということを示唆したいのではなく、あくまで本件と関連付けるための例として扱っているだけです。WP Social Bookmarking Lightに対してマイナスなイメージを与えることが目的ではありません。またそのように捉えることも無きようお願い致します。

Pocket

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク