たりぽすメインビジュアル2作目5月25日変更

たりぽすブログ

  • Takenori

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

工場夜景を求めてin和歌山

Takenori

takenori_blog_eyecatch_21

こんにちは、たけのりです。

先日、なぜか深夜に「工場の夜景写真を撮影に行こう」と思い立ち、和歌山県のとある工場へと足を向けました。

この季節の、深夜から朝方にかけての空気が好きなんだよなぁ。

工場夜景では割と有名?東燃ゼネラル

向かった先は「東燃ゼネラル」。

ネット検索による工場の夜景写真の中でも結構見かけるから、工場夜景写真を求めるカメラマンたちの間では、それなりに有名処、なハズ。

フリー素材としても用意しましたが、ここでも簡単に紹介したいと思います。

眠らない機械たち

夜の工場

大きい工場群は、その役目を果たすために24時間フル活動で動き続けます。

オートマチック制御と人間の手による制御とで、常に動き続ける機械たち。

この日も、機械が動くときの地響きにも似た低い音が、工場が放つ光の合間から放たれていました。

工場を夜景として見る

数か所の煙突から出でる煙が、工場が動き続けていることを示しています。

こうして目にすることが出来る範囲の中に、いったい何人の夜勤中の人がいるのでしょうか。

鉄塔の骸骨

東燃ゼネラルの夜景が綺麗だと知ったきっかけは、地元の友人に連れられて見に行ったことがきかっけだった。

あれはもう数年も前だけど、そのときも、そして今回改めて見たときも、某ファンタジーゲームの第7作目に出てくる荒廃した地下都市に似ている、と思うほどの光景だった。

花を売っている少女がいるのなら、ぜひお目にかかりたい。

朝焼けに照らされた工場写真

少し明るくなってきた頃、工場はそれまでとはまた違う姿を見せてくれる。

朝もやがかかって少し神秘的とすら思えるその景色は、時が経つのを一瞬忘れさせるほど。

 

東燃ゼネラルの撮影は初めてということもあって、今回撮影した写真はある場所からだけの撮影になってしまった。

きっといつか、向こう側に見える島からの景色も、写真に収めに行こう。

夜景が有名な日本の工場群

今回、工場夜景の撮影をするにあたって東燃ゼネラルを選んだ理由は、ただ近かったからというだけの理由だ。あと、深夜はまだ少し寒いから、というのもあるかな。

もう少し暖かくなってきたら、兵庫の尼崎や姫路、愛知の名古屋、神奈川の川崎辺りに撮影に行こう。

そのときはロードバイクを相棒に、旅をしながら工場群を見て回りたい。

ついでにフリー素材として使えそうな色んな写真もバシバシ撮影して、たりぽすを見てくれるみんなに素敵な写真を届けられたらいいな。

Pocket

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク