たりぽすメインビジュアル2作目5月25日変更

たりぽすブログ

  • Takenori

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アップロードするだけの翻訳ツール【YarakuZen】

Takenori

takenori_blog_eyecatch_19

ついに時代はここまで来たか。

辞書で調べる時代もあったんだろう。

そしてgoogle翻訳にはとてもお世話になった。

でも今はこれ、「YarakuZen」だ。

外国語の読む・書く・学ぶをシンプルにする翻訳ツール
「YarakuZen(ヤラクゼン)」

スマートに翻訳

「YarakuZen」というツールの名称がスマートかどうかはさておき、中身そのものは本物。

少しでも日本以外の国の人とのやりとりをする人にとっては、「待ってました!」と言わんばかりの機能がたくさん搭載されている。

ファイルをアップロード

マイクロソフトのオフィスソフトやPDFといったファイルをアップロードするだけで、あとは勝手に翻訳してくれる。

対象ファイルは以下の6つ。

  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
  • CSV
  • PDF
  • HTML

下の3つがもの凄く助かる。というか凄い。

例えばこんな感じ

takenori_blog_19-1

これはツールの中でテンプレとして用意されている「得意先に日本での観光案内を申し出る」という日本語と英語のそれぞれの翻訳。

長すぎず短すぎの文からは、日本ならではの「おもてなし」の心が伝わってくる気がする。事務的な感じは一切しない。

takenori_blog_19-2

続いてこちらが「関係者情報の送付を依頼する」という翻訳。

ここまで翻訳してくれるんならもうなんでもいいよ。なに「幸甚」って。

無料と有料

個人で使うのか、法人として使うのかによって料金体系は異なるけれど、個人で使うにあたって最低限の利用であれば無料で利用できる

しかもその無料で利用できる範囲でのレベルが結構すごい

と言うか正直これだけで事足りる。

制限も制限とは感じない言語対応

まず無料で出来る範囲の代表として、対応している言語が挙げられる。

例えば日本語のファイルをアップロードしたときに、翻訳できる言語は無料だと8つしかない。

もしくは、8つもあると言うべきかどうかは翻訳したい言語にもよるとは思うけど、その8つの言語というのがこちら。

  • 日本語
  • 英語
  • 中国語(簡体字)
  • 中国語(繁体字)
  • 韓国語
  • タイ語
  • インドネシア語
  • マレーシア語

充分。特に日本語と英語の2言語が対応ならNo Problemだ。

文字数は3000文字まで

無料だと1つのファイルにつき翻訳可能な文字数は3000文字までとなっている。

これを多いととるか少ないととるかは人それぞれ。

で、少ないととる人にとっては致命的なのかと言ったらそうでもなく、アップロードする1つのファイルの中身をコピペして、2つ以上のファイルにわければいい。

9000文字のファイルならば、3000文字ずつ3つのファイルにしてそれぞれをアップロードすれば、問題なく翻訳してくれる。

ビジネスレベルでの利用

これまで書いた内容でも充分ビジネスレベルで利用できる。

実際に英語圏の人が代表のサイトを作成する際に、このツールを使って翻訳語のデータをそのままサイトに利用したけど、何の問題もなかった。

しかし、「より必要以上の翻訳が求められる」というときは、有料にはなるがサイト内に用意されているプロへの翻訳依頼をすればいい。

現状は無料で出来ることで充分すぎるほどの成果を得られているけど、いつの日かプロの翻訳が必要になるようなプロジェクトにも関わってみたい。

できれば地球で使われている以外の言語とかで。

Pocket

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク