たりぽすメインビジュアル2作目5月25日変更

たりぽすブログ

  • Takenori

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なにこれ欲しい!アトモフの4Kデジタル窓

Takenori

アトモフ4Kデジタル窓

こんにちは、たけのりです。

今日は。

今日は、僕個人が「なにこれ欲しい!」と思った、ある商品の記事をたんたんと書いていきたいと思います。

ちなみにですが、紹介記事を書くにあたって商品を販売している企業から紹介料等をもらっているわけではなく、ただ本当に、純粋に僕が欲しいと思っただけの商品です。

仕事で使用する以外の物に対してほとんど物欲がなかったりするだけに、この商品と出会ったときの感動ったらなかったなぁ。

そしてそのある商品とはこちら!

4Kデジタル窓

4Kデジタル窓

4Kデジタル窓のコンセプトは、「」と「癒し」だ。

壁にかけた窓風の枠の中に「世界中のリアルな風景が映し出される」ことで、さも外にはこのような景色が広がっている、と錯覚させてくれる効果がある。

住宅地やビルが隣接する都市部では、アパートやオフィスに窓がない場合だってある。

そういうときにこのデジタル窓を設置しておけば、自然な風景が映し出され閉塞感から解放される。

音も4K

音も4K

この4Kデジタル窓。

再現してくれるのは何も映像だけではなく、なんと「」まで臨場感のある響きを再現してくれる、らしい。

目覚めの朝には小鳥のさえずりで起床時間を知らせてくれ、朝という時間帯に必要な情報も表示してくれる。

集中したいときには緑の中を流れる川のせせらぎをもたらしてくれたりする。

朝は朝らしく、夜は夜らしく

24時間フルオート

寝起きをサッパリと気持ちよく過ごしたい。夜は喧噪の雰囲気を楽しみたい。そして寝ている間は省エネも兼ねて表示しない。

24時間スマートスケジュールを備えているおかげで、表示される風景を毎回手動で切り替える必要もないのが、より自然らしさを際立たせてくれる。

独自の撮影映像とリアルサウンド

独自の撮影映像とリアルサウンド

この4Kデジタル窓の何がいいかって。

それは200本以上もある映像が全てオリジナルだということ。行ったことのない世界がすぐ眼前の窓の外で繰り広げられる。なんと素晴らしいことか。

さらに今表示されている映像がいったいどこなのか知りたければ、手をかざすだけで情報が表示されるし、併せて日時や天気も知ることが出来る。

この窓を購入した人が撮影した映像をアップロードして表示させることも可能なんだとか。

シンプルな操作性

シンプルな操作性

操作方法はいたって簡単。

iPhoneかAndroidさえ持っていれば、タッチ1つで景色を切り替えられる。

AppleWatchでも操作出来るんだとか。

アトモフって?

この4Kデジタル窓を作り出したのは、たった3人からなる企業、アトモフ株式会社である。

2014年に京都で設立され、「家での時間の質をよりよくするために、自然とテクノロジーの新しいつながり方を考える」というのが理念とのこと。

テクノロジー一辺倒に走る企業なりサービスが大多数を占める近代において、自然に目を向けて更に取り入れることに成功した同社は、正に僕が目標とする世界観そのもの。

日本人なら誰もが知っている

現メンバーのうち創業者である2人は、日本人ならきっと誰もが知っているであろうあの企業出身者だ。

4Kデジタル窓は必ずしも生活に必要ではない

しかし全く必要性のないようなものにでも、「欲しい」と思わせる実用性をもたらす機能美なり好奇心をもたらせているのは、あの企業と同じだ。

アトモフ株式会社
http://atmoph.com/ja/

残念なことは1つだけ。

たった1つのシンプルな理由。

初回生産販売終了

「なんじゃそりゃ…」

仕方がないので、必ず目を通すメールアドレスで登録しておきました。

早く欲しいな4Kデジタル窓。

たまたまアトモフの人がこのブログを見て、たりぽすとコラボレーションとかしてくれないかな。

※本ブログ記事内の画像はすべてアトモフ株式会社のホームページのものを利用しています。

Pocket

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク