たりぽすメインビジュアル2作目5月25日変更

たりぽすブログ

  • Takenori

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Lightroomのスポット修正が凄すぎて感謝

Takenori

takenori_blog_eyecatch_11

こんにちは、たけのりです。

今日は素人カメラマンらしく、カメラの技術がなくても写真をここまで修正出来る!という記事を皆様にお届けしたいと思います。

使用するソフトはAdobeのLightroomで、これはまさに魔法の現像ソフトと言えるでしょう。

Lightroom

ここ数年のうちに、カメラマンだけではなくデザイナーたちの間でも右肩上がりの需要率を誇るLightroomですが、いったいどういうことが出来るソフトなのでしょうか。

もちろん色々な機能を搭載しているのですが、今回は特に優秀な機能である、「スポット修正」について簡単に解説したいと思います。

スポット修正とは

写真撮影において、「綺麗に撮影できた!」と思っていた至高の1枚でも、よく見てみると「これさえ写っていなけりゃなぁ…」と思うことがあったりしますよね。

そんなときに、割と手軽に不要なものを削除できるのが、スポット修正になります。

不要なものを削除

例えば下記の写真。

このサイトのフリー素材である【望めば人は雲にも手が届こう】というタイトルの写真になるのですが。

左側に少しだけ写り込んでいる、木でできた柵のような物体がジャマだなぁと、ふと思ったんです。

takenori_blog11_1

ということで、早速Lightroomのスポット修正機能を使って消してしまいましょう。

takenori_blog11_2

上の画像の部分がスポット修正ツールです。

ショートカットは「P」。

takenori_blog11_3

こんな感じで不要な個所をヌリヌリするだけで…

takenori_blog11_4

こうなります。

これだけで、写真が元々持っていた壮大な感じがより際立つようになったと思いませんか?

人物を削除

続いて削除するのは、写真に写っている人物です。

こちらもフリー素材の【絶景に見とれる女性の後姿】となります。

この写真の右側にいる、赤い服を着た女性を消してみました。

takenori_blog11_5

時間をかけずにササっと消したので少し違和感があるかもしれませんが、ほとんど目立たないくらいには消せたのではないでしょうか。

これを応用すれば、「人物写真を撮影したハズが、人物がなければ風景写真としても活用できそう」というようなことも実現が可能となります。

他にもたくさんの機能が充実

Lightroomには今回紹介したスポット修正だけではなく、他にも色々な機能が充実されています。

撮影に失敗した」と思っていたような写真、例えば暗すぎて何がなんだかわからないというような写真でも、ものの見事に綺麗に現像できてしまったり。

写真のザラザラした感じ(ノイズ)を和らげてスベスベツルツルした感じの質感にしてくれたり。

そうした機能だけじゃなく、僕が使いこなせていないだけでもっと他にもあるはずなので、「これはスゴイ!」と思ったものがあればどんどんこのブログで紹介していきたいと思います。

いやぁ、Lightroomってスゴイですね。

Pocket

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク