たりぽすメインビジュアル2作目5月25日変更

たりぽすブログ

  • しのはら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

写真からイラスト・メイキング6 塗りと途中経過

しのはら

bi53

この記事は写真を元にして、イラストを制作する手順を紹介しています。
また、SAIでの操作方法も紹介しています。

この記事は前回の途中からで、前回までの記事はこちらです。

  1. 写真トレス工程紹介1 写真調整~色変更
  2. 写真からイラスト・メイキング2 塗り分け色変更
  3. 写真からイラスト・メイキング3 塗りとクリッピング機能
  4. 写真からイラスト・メイキング4 塗りとクリッピングを使ったハイライト
  5. 写真からイラスト・メイキング5 塗りと塗り分け追加

今回の工程

今回は途中経過と、窓と手摺部分の塗りを紹介させて頂きます。

  1. 元写真をキャンバスに合わせる
  2. 塗り分け
  3. 元写真加工(色決定)
  4. 塗り分け色変更
    ・不透明度保護とレイヤーを塗り潰す
  5. 階段
    ・クリッピング機能
  6. 上部分
  7. 階段裏
    ・複製とクリッピング機能を使ったハイライト
  8. 壁関係
  9. 階段横塗り分け追加
  10. 階段近くの壁
    ・途中経過
  11. 手すり部分

途中経過1

0912b47b
▲途中経過・大きい画像

さて、こちらが途中経過のイラストです。

基本的に塗る場所は写真と比べて特に目立っているところを塗っていってます。

10.窓

0912b48
▲奥の窓

次に壁奥にある窓を塗りたいと思います。
上の部分もですが、強いハイライトを後からさらに入れる前提で塗っていきます。
つまり、ちょっと濃い目の色を使います。

0912b49
▲水色で塗り分け作成

木の枠部分を分けるところからです。
水色部分が追加で作成した場所です。
このように、直線で出来ているところは出来るだけ直線ツールを使っていきます。

また、縦の直線になっている場所と、横の直線になっている場所は別のレイヤーで分けられています。

0912b50
▲窓の内部、下部分以外は塗り終わり

さて、塗り分けた場所含めて塗りました。
(今回、仮色から塗り替え→色を重ねていくのは省略しましたが、手順は同じです。)

0912b51
▲窓枠下部分・原寸大

次に窓枠の下部分を塗りました。
画像の大きさ上、完全に潰れていたので原寸大を表示しています。
それぞれ3つずつある縦の直線の模様も直線ツールを使っています。

次に木の枠の中の、窓の光の描写ですが、

0912b52
▲画面全体を明るく加工した画像

まず全体を明るくした画像を作り、
(グロー効果等を使っています。)

0912b53
▲元の画像と明るく加工した画像をあわせたもの

それをクリッピングを使い、該当する窓の部分に貼り付けました。

また、少し他の階段裏部分等もクリッピングとエアブラシを使って明るくしました。

11.手すり部分1

0912b83
▲階段手前・手すり部分

次に手前にある手すり部分を塗っていきます。
もうすでに2つに塗り分け済みですが、長い直線が多い場所でも有るので更に塗り分けを作成します。

0912b54
▲赤色で塗り分けを作成・色を拾って塗り重ね

赤色でハイライト部分の色の塗り分けを作成しました。
また、元々塗り分けを作成してあった部分の色を変更し、
すこし明るい色を置いてみました。
0912b55
▲塗り分け部分色変更

先ほど作成した赤色の塗り分け部分をハイライトの色に変更しました。

0912b84
▲光を足して完成

先程のハイライト部分と元々有る下地部分をなじませます。
大体出来たところで、その上から発光レイヤーを使い光を入れます。
発光ではクリーム色を使い、強い光を表現しました。

◆発光レイヤー含む、SAIのレイヤーモードについてはこちらで解説しています。
『レイヤー合成モード解説(SAI基準)』

今回のまとめ

・光が当たっている場所はグロー効果をかけた画像を作成し、
その画像を光の当たっている場所など一部分のみ使用する
クリッピング機能を使用する)
・発光レイヤーなどレイヤー機能も使用して塗っていく

次回も手すり部分の塗りを紹介させて頂きます。
また、塗りは次回で一通り完成となると思います。

よろしくお願いします。

Pocket

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク