たりぽすメインビジュアル2作目5月25日変更

たりぽすブログ

  • しのはら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7種類の基本構図紹介+視線誘導について

しのはら

i40

こんにちは、しのはらです。今回は構図についての話です。

写真やイラストにおいて重要なのが、構図

いかに画面の中に収めるか、効果的に、魅力的に見えるようにするか。
構図というのは、そういった、どういう画面の構成にするかというものです。

さて、実は構図には基本パターンや基本の考え方があります。
今回はそれを簡単に紹介していきたいと思います。よろしくお願いします。

もくじ

  1.  三分割法
  2.  日の丸構図
  3.  三角構図
  4.  逆三角形構図
  5. 対角線構図
  6. 対称構図(シンメトリー構図)
  7. 額縁構図
  8. ☆視線誘導について

1 三分割法

kouzu1

画面を縦と横に三分割、全体で九分割したものをガイドとします。
その線や線の重なる点に合わせて画面を考えるのが三分割法です。

厳密に線に合わせる必要はなく、大体でも大丈夫です。
また、三分割というのは意外とむずかしいので、ガイドを用意したほうが良さそうです。

ガイド:9分割された線
・収まりが良い
・それっぽく見える

三分割構図の例

kouzu1r2b kouzu1r2
梨の実のつゆは垂りつつ (たりぽすサイト内イラスト素材)
大体でいいので参考にすることで画面の収まりが良くなります

kouzu1r1b kouzu1r1
説明用風景画
単純なイラストですが、三分割構図を使うことで完成度が高く見える気がします

kouzu1r3b kouzu1r3
揺れる水面 (たりぽすサイト内写真素材)
写真を三分割構図に合わせてトリミングしました。
良くも悪くも安定感があるという感じですね。

2 日の丸構図

kouzu2

これは重要なもの、メインのものを真ん中に置く方法です。
写真の場合は周りをぼかしたり、イラストの場合は周りに花や星など飾りを置くのもよさそうです。
簡単ですが、単純、単調な印象を持たれがちでもあります。

ガイド:中心
・簡単
・安定感があるけど単純。

日の丸構図の例

kouzu2r3b kouzu2r3
梨の実のつゆは垂りつつ (たりぽすサイト内イラスト素材)
先程の梨を中央に配置するとこうなります。
日の丸構図には、シンプルなのでメインがわかりやすいという利点があります。

kouzu2r2b kouzu2r2
うさぎのカップ (記事、『3000円!誕生日プレゼント企画と、その案』で使用)
ただ真ん中にものを配置しただけのイラストです。これも、メインのカップのみが目立っていますね。

kouzu2r1b kouzu2r1
バースデイバルーン (たりぽすサイト内写真素材)
被写体が特徴的な場合はそのまま日の丸構図でも面白い雰囲気になります。

3 三角構図

kouzu3

三角形を意識して構成するのがこの三角構図です。
落ち着いた雰囲気、安定感があります。
また、この落ち着いた雰囲気や安定感は底面が垂直であることが重要だと思われるので、できるかぎり三角系の底面の垂直を意識して構図を考えることで三角構図のパワーががよく発揮できそうです。

ガイド:三角形(特に底面の垂直)
・安心感、安定した雰囲気。

三角構図の例

kouzu3r1 kouzu3rb
見上げれば唐津城 (たりぽすサイト内写真素材)
建物をアオリ(下から見上げる構図)で配置した場合が三角構図を使いやすい例です。

kouzu3r2 kouzu3r2b
kouzu3r3 kouzu3r3b
説明用画像
どちらも安定感があります。

4 逆三角形構図

kouzu4
逆三角形構図は、三角構図のほぼ真逆と言って良いでしょう。
意識するのは逆三角形、作用は危険感、不安定感です。グラグラとした感じといえばいいでしょうか。
三角構図に比べて少し珍しい構図かなと思います。

ガイド:逆三角形
・不安、危険な雰囲気。

逆三角形構図の例

kouzu4r1 kouzu4rb
説明用画像
山のずっしりした・安定した雰囲気を出すには三角構図、険しさを出すには逆三角形構図が向いてそうです。

kouzu4r2 kouzu4r2b
説明用画像
また、動きを出すのにも向いていると思います。

5 対角線構図

kouzu5

画面の対角線上、隅と隅を結んだ斜めの線に合わせた構図が対角線構図です。
斜めになっているを探す、配置するだけではなく画面全体を傾ける(カメラを傾ける)という方法もあります。
基本的に動き、奥行きを演出するときに向いています。

ガイド:対角線上
・動きと奥行き。
・視線誘導がしやすい
(視線誘導については後述)

対角線構図の例

kouzu5r2a kouzu5r2b
巨人が眠る岩山 (たりぽすサイト内写真素材)
写真素材をトリミングしたものです。
対角線はかなり急な角度なので、狙って画面を作っていく必要があります。

kouzu5r1 kouzu5r1b
説明用画像
道などの遠近感を出すのにも対角線構図は向いています。

kouzu5r3 kouzu5r3b
たりぽす公開予定素材を使った説明用画像
木の枝などで画面を横切るようにするのも対角線構図としてよさそうです。
日の丸構図とあまり変わらないかとおもいきや、斜めに横切ることで動きが出ます。

6 対称構図(シンメトリー構図)

kouzu6

左右/上下対象になるようにするのがこの対称構図。
落ち着いた綺麗な雰囲気があります。美術品的な雰囲気もあります。

写真の場合は建物や、水面反射を使うのが撮りやすいと思います。
左右対称にしつつ上下反対にするなどの方法もあります。

ガイド:左右/上下対象
・落ち着き、美しさ
・美術っぽい雰囲気

対象構図の例

0313_150
記事、写真加工過程紹介で作った画像
これは反転を活用して作った画像です。
荘厳さを出すのに向いてる構図だと思います。

kouzu61
吊り橋を渡り切ったら得られる少しの達成感 (たりぽすサイト内写真素材)
これは左右の対称構図です。門などの建築物は対称構図を作るときに使いやすいです。

kouzu62
説明用画像
水面反射を使った対称構図です。日の出などにも使いやすい構図ですね。

7 額縁構図

kouzu7

まるで額縁のようにメインの周りを囲むのが額縁構図です。

メインが目立ちやすくなったり、落ち着いた雰囲気になったりします。
また、周りを暗い色で囲った場合は厳かな感じだったり、中心の色合いが際立ったりします。
日の丸構図の進化形といった感じもします。
簡単な例は窓や扉でしょうか。

ガイド:メインの左右上下を囲む
・メインが目立つ
・落ち着いた雰囲気

対角線構図の例

kouzu7r1 kouzu7r1b

kouzu7r2 kouzu7r2b
説明用画像
暗い色で木や建物を描くのが絵の場合難易度低めかなと思います。

☆視線誘導について

視線誘導とは、視線の動きを考えた上で構図を考える方法です。
主役を目立たせたり、躍動感を出す
上で考えておきたいものです。

人の視線の性質には大きく2つあります。

1大きいものから小さいもの、太いものから細いものを見る

kouzu9kouzu8

視線は大きいものから小さい方向に流れやすいと言われています。

2線を目で追う

kouzu11kouzu10

線や、線のように配置されているものを目で追う性質があります

また、視線誘導が重要なものとして漫画があります。
この視線誘導は構図としては特に対角線構図と合わせて使いやすいと思います。

おわりに

以上、基本の構図と視線誘導についてでした。
勿論構図はこの他にも色々ありますし、絶対守らないといけないものではありません。
ですが写真を撮ったり、イラストを描く際に参考にするととても便利です。
ぜひ、気に入った構図のいくつかを覚えてみて、活用してみてください。
ありがとうございました。

Pocket

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク