たりぽすメインビジュアル2作目5月25日変更

たりぽすブログ

  • しのはら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すごろくのマスのイベントいろいろ

しのはら

bi27a

こんにちは、しのはらです。

皆さんはすごろくを作ったことはありますか?

私は作ったことはあります。完成したことはありません。
作ってみると案外マスのイベント内容が思いつかないんですよね。やる気の問題もありますが。

ということで今回はすごろくのイベント内容をまとめてみることにしました。よろしくお願いします。

想定するすごろく

今回対象としたすごろくは
・普通に6面サイコロで行う
・人生ゲームのように金やポイント等のルールはない
つまり、オーソドックスなものから主に調べつつ、アレンジを考えてみました。

○マス進む/戻る系

おそらく一番オーソドックスなマス、それが
・○マス進む
・○マス戻る
でしょう。

進む/戻るの組み合わせでこんなすごろくもありました。

sugo1

わかりにくいですが、行ったり来たりさせられるやつです。

・サイコロを振って出た数だけ進む/戻る
というのもありますね。
出た数だけもどるだとなんというか、すごくもどることになっても自業自得感がある気がします。

マイナス系

いいくくりが思いつかなかったのでマイナス系という名称になりました。
・○回休み
・ふりだしに戻る

これもよくありますね。どちらも製作者が心無い人、あるいは小学生だと
・3回やすみ
・ゴール前の『ふりだしに戻る』
・頻繁な『ふりだしに戻る』
とか出てきたりしますね。

逆に『5回やすみ』が頻繁に出てくるGWさいころとかどうでしょう。休みの管理がめんどくさそうなのでなしですね。

あるいは、今回マイナス系と紹介しましたがプラス系にしてみるのも面白そうだと思いましたが、『自分以外休み』つまり『サイコロを振って出た数だけ進む』の言い方違いはまだしも『あがりに進む』はあまりにもあまりにもですね。

★特殊系

・○位の人と場所交換
・○位の人のところにワープ
・○が出るまで進めない/振りなおし

特殊系としてはこういうものもあります。
よくあるのがチャンスとして『1位の人のところにワープ』ですね。

○が出るまで進めない/振りなおしは、実際やると○回休みよりも終わりが見えない感じが厳しいです。

さらに、『6面サイコロ』ですから、100÷6で17%程度しか狙った面は出ないんですよね。
そのため、ものすごい悪意を持ったすごろくにしない場合、『偶数が出るまで』等の確率に緩めるのがおすすめです。

罰?ゲーム系

・腹筋10回
・豆知識を言う
・○位の人に感謝の気持ちを伝える
・早口言葉を言う

これはここに書いた以外にも色々ありますが、大体こんな感じの罰ゲームのようなものとかそういうものですね。
すごろくによってはこれと○マス進むとかを合わせているパターンもあります。

ところで『腹筋10回』や『腕立て伏せ10回』『背筋10回』などのマスばかりがある『ムキムキサイコロ』ってありそうですね。やりたくない。

追加系

・自分以外の人は~
・全員~
・○が出たら~
・ジャンケンをして勝ったら~

これは今まででてきた
・○マス進む
・○マス戻る
・サイコロを振って出た数だけ進む/戻る
・○回休み
・ふりだしに戻る
・○位の人と場所交換
・○位の人のところにワープ
・○が出るまで進めない/振りなおし
等との組み合わせで使うタイプのマスです。

例えば
・自分以外の人は2マス戻る
・全員3マス進む
・1が出たらふりだしに戻る
・1位の人とジャンケンをして勝ったら場所交換
等ですね。

また、罰?ゲーム系と組み合わせることもできそうです。自分以外の人は腹筋10回とか。罰ゲームだ。

いろいろなすごろく

以上、いろいろなすごろくのマスでした。
ところでそれさえもめんどくさい!けどすごろくは作りたい!!!っていうすごろく制作欲があるんだかないんだかわからない状態の場合、こういうマスがおすすめです。

sugo2

描いてみたら逆にアリな気がしてきました。
ありがとうございました。

Pocket

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク