たりぽすメインビジュアル2作目5月25日変更

たりぽすブログ

  • しのはら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語ができないその理由

しのはら

bi17b

こんにちは、しのはらです。

私は英語が出来ません。読めず、書けません。
さらに、聞いても「外国語だ」という認識をして終わります。外国語だ、という感想がポイントで「英語だ」という判別さえ出来ないところが本当に英語ができない人です。

それぞれにばらして考えてみる

さて、物事が出来ないときはその原因を考え一つずつ問題の解決方法を考える、調べるのが大切だと、私は思います。
というより『英語ができない』という状態ままだと漠然としすぎているので、バラして考えてみよう、ということです。
さらにもっというと、この記事は英語ができない人の自己分析の記事だということになります。つまりウィキペディア風に言うと『独自研究』ということになります。

1:そもそも単語と熟語を知らない

まず第一に、単語と熟語を知らないというところです。
単語を知らないため、読めず、聞こえず、喋れず(日光の三猿みたいですね)なにも始まりません。

たとえば『これは机です』だったら『This is desk.』だとわかるんですね、これが間違ってたら、私の英語力は本当にどうしようもないということになります。

desk

▲これは机です

ですが、『これは空気清浄機です』の場合『This is [英単語:空気清浄機].』となり、ここでもう挫折となるわけです。

kuuki_seizyouki

▲これは空気清浄機です

熟語についてはほとんど何も知らず例すら出すこともできません。
しいて言えば『out of hand』でどうしようもない、収拾がつかない、みたいな意味があり、日本語の『手に負えない』と対応しているのがすごいなと思ったみたいな記憶があります。

さて、空気清浄機という一単語程度だったら英単語辞書、或いはグーグル翻訳を介して、多少の時間をかけ、解決とすることができる、気がします。
実態として、一単語程度ではなく、さらに英語を読み解く場合には単語には複数の意味が、熟語には細かいニュアンスがあったりし、時間は非常に掛かり、無理です。

2:さらに文法を知らない

そして、文法を知りません。
かろうじて知っている範囲は

  • 『私は[任意の単語]です』
  • 『私は[任意の単語]ができます』
  • 『これは[任意の物品]です』

等となります。中学一年生か。
過去形や、Wから始まる疑問文等は怪しいので、使えるといった内に入りません。小学生か。

このあたりの文法しか知らないとなると

  • 『私は[任意の単語]です』→「俺は戦士だ!」
  • 『私は[任意の単語]ができます』→「俺は戦闘が出来るぜ!」
  • 『これは[任意の物品]です』→「これは俺のスキルだ!」

というように、RPGで仲間になることぐらいしか出来ません。

疑問文は無理なので、
「俺をパーティーに入れるか?」
という質問はせずに
『戦士が仲間になった! 名前を変更しますか?』
というシステムテキストが流れることとなります。

ちなみに、「これはやくそうだな」というアドバイスや、やばい敵が出てきた時に「Out of hand!!!!!!!!!」と叫ぶこともできます。

3:そして、知っているはずの単語、熟語、文法が頭から出てこない

これは書く、話す時の話ですね。

読むときはなんとなく意味はわかっても書くときにその単語が出てこない、あるいはスペルがわからない、読み方がわからないというものです。
この状態は漢字に似ていると思います。読めるけど書けない。

(脱線:ちょっと意味はズレますが、日本語の文でもよくあります。読むときには理解できても自分では文豪のような美しく鮮やかな表現はできないというあれです。)

解決方法

さて、出揃ったところで解決方法を考えていきたいと思います。

  • 1:そもそも単語と熟語を知らない…単語と熟語を記憶する
  • 2:さらに文法を知らない…文法を記憶する
  • 3:そして、知っているはずの単語、熟語、文法が頭から出てこない…アウトプットをし、使いこなしになれる

といったところでしょうか。ですがまだ、言うのは楽だけど…といった感じがしますね。
ということで、次にすることは1、2を解決すべく『記憶方法』について調べることになります。
ここで『英単語等の記憶を始める』というところに移らないところがなんともですね。

ですが、実は記憶に入る前に、もう一つの、英語ができない原因について考えてみましょう。
これを解決できれば3つの問題は余裕なのです。

4英語を勉強する動機、気力が無い

これです。

ということで、次回は
『英語を勉強するやる気を出す方法』『なにかをはじめるやる気を出す方法』について考えていきたいと思います。
きっと、記憶方法について考えるよりもそっちのほうが長期的に見て大切でしょうから。ただ、記憶方法についてもまとめたいですね。

ありがとうございました。

Pocket

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク