たりぽすメインビジュアル2作目5月25日変更

たりぽすブログ

  • まつゆき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

綺麗なお姉さんのイラストメイキング

まつゆき

matsuyuki_20160324_00
どうもこんにちは。まつゆきです。

今日はイラストメイキング的なことをしてみようと思います。

あんまり素晴らしいスキルがあるわけじゃないですけれど、どうぞよろしくお願いします。

綺麗なお姉さんのイラストメイキング

matsuyuki_20160324_01
今回のメイキングイラストはこちら↑「綺麗なお姉さんが説明してくれる」です。

柔らかい雰囲気が魅力のイラストです。(あとお姉さんが美人である。)

使うツールはクロッキー帳、シャーペン、Photoshop。

シャーペンは製図用のステッドラー0.9、クロッキー帳はholbeinのCROQUISがお気に入り。

まずはラフスケッチ

matsuyuki_20160324_02
ダイレクトにパソコンから始める場合もありますが、大抵は紙に大まかなスケッチをします。
シャーペンでシャカシャカ。

あまり消しゴムを使わないで一発書きを目指します。

書いたスケッチを裏から見て、大きくデッサンが狂っていないことを確かめましょう。

線画

matsuyuki_20160324_03
ラフスケッチをスキャナで読み込み、またはスマホで写真に撮りPSDに配置します。

ラフの上からブラシツールを使って線画を作成。
今回は柔らかい感じにしたかったので、鉛筆っぽいブラシを選択し、色はブラウンで。

気に入る線が引けるまで、もくもくと作業します。

※ラフの画像とはレイヤーを分けるのを忘れずに。

ベタッと色つけ

matsuyuki_20160324_04
線画ができたら、塗り絵のごとく色を塗っていきます。

自由選択ツールや塗りつぶしツールを駆使すると楽に作業できます。

塗った後でやっぱり色を変えたいなーと思ったら、レイヤースタイル-カラーオーバーレイで色を変更。

塗り残しやはみ出しがないように、背景を黒にしたりして確認します。

色にニュアンスをつける

matsuyuki_20160324_05
ベタ塗りだと雰囲気が出なかったので、水彩画ブラシで上から重ねて色をつけます。
私は半透明で重ねて塗るのがお気に入り。

この時、前回ベタ塗りしたレイヤーをフォルダマスクにしておくとはみ出さなくて良いです。
(レイヤーサムネイルの上でコマンドorコントロール+クリック→レイヤーマスク作成)

フォルダ内にレイヤーを重ねてどんどん塗りましょう。

完成

matsuyuki_20160324_06
最後に血色をよくしてあげましょう。

お化粧と同じ要領でチークやハイライトを入れてあげたら完成です!
とっても簡単ですね!

ちなみに

フォトショップで作業するときは、解像度やサイズに気をつけましょう。
イラレと違い拡大するとぼやけちゃうので、大きめのサイズや解像度で作成するのがオススメです。

仕事で作成する場合、カンバスサイズは指定のサイズより1.5倍くらい大きく作っておくことが多いです。
解像度はウェブ用だと72dpi、印刷用だと350dpiくらいかな。

それではまた。

Pocket

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク